手話ってなんだろう?

昨日と今日は、R5年第4回日高市議会定例会(9月議会)での一般質問です。(私は今日の一番最後です(!))
今回、「手話言語条例」に関して質問するのですが、その背景を少しお話しします。

私が手話と出会ったのは、20年以上も前ですが、初めて出会ったときの衝撃を今でも覚えています。当時大学生だった私は、居酒屋でアルバイトをしていたのですが、新年会シーズンに、ある一組のグループの方々が、身振り手振りで楽しそうに「話し」をしていたのです。手と、身体と、顔の表現をいっぱいに使って、コミュニケーションをとっていました。「手話」というのがあることは聞いたことあったのですが、実際に初めて見て、「なんて豊かで美しいのだろう!」と魅了されました。

その瞬間、衝動的に話しかけていました。手話もできないのに、どうやって通じるのかもわからず(笑) 幸い、健聴の方が対応してくれ、手話サークルを毎週やっているから見学においでと誘っていただきました。

その後、手話サークルに毎週のように通い、聴覚障がいの方、難聴の方、中途失聴の方、健聴者…様々なバックグラウンドの方が集まって、手話の学習をしたり、みんなの日常をとりとめもなく話したり。困り事の話もたくさん。聴覚障がいの人は、見た目だと障がいがわからないので、認識されにくい。障がいが理解されにくい。筆談で解決できると思われている(字の読み書きが苦手な方も多くいるのですが)…。

そんな中で、ろうの人たちは、独自のろう文化を持ち、手話というのは、独自のアイデンティティを持つものであることがわかりました。手話を母国語としている人たちにとっては、手話は生活の一部であり、生きる手段です。手話は単なる指文字でもなく、「日本語」を変換したものでもありません。日本語とは文法も異なり、文化的アイデンティティの一部なのです。

そのような背景のもと、今「手話言語条例」の制定が各自治体で進んでいます。(全国で498市町村、日高市はまだです。) 手話を「言語」と認め、手話が使いやすい環境整備を推進していくものです。「手話言語条例」を制定する効果に関して様々な議論があり、あまり効果がない、手話はAIにとって変わられる、といった懐疑的な意見もあります。

しかし、この条例により、手話が「言語」として認められ、手話に対する認識や理解が進むことで、ろう者に対する垣根も低くなり、ろう者が暮らしにくい現実を変えていく、という大きな意義があります。「手話言語条例」を制定することは、聞こえる人も、聞こえない人も、同じ輪の中で、ともに生きる社会を作るステップになる、という当事者らの想いから、今回、「手話言語条例」制定に関して一般質問をさせていただきます。

9月14日(木)15時くらいから@日高市役所4階にて受付

*今回は手話言語条例についてと、来年度から統合が決まっている高根地区学童保育室について、2つのテーマを取り上げます。お時間許す方、ぜひ傍聴にいらしてください。お子さんを連れての傍聴も可能です^^

近藤 さおり

近藤 さおり

2021年の秋、自然環境や人々の魅力に惹かれ日高市に移住。シングルマザーとして子供を育てながら市議会議員とコンサルティング会社を経営。

関連する記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ココペリさんが作るCAWAZ baseのヴィーガンRawケーキ

  2. 2024年もよろしくお願いいたします!

  3. 街頭演説会 in 狭山市 〜岡田幹事長来たる!〜

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP